「不動産買取」と「仲介による不動産売却」の違いとは?

不動産買取

不動産を売却する方法に、「不動産買取」と「仲介による不動産売却」の2パターンあることをご存じですか?
従来は、不動産会社に依頼して買主を探してもらう「仲介による不動産売却」が一般的でしたが、近年では、買い取ったマンションをリノベーションして再販する不動産会社が増えてきたこともあり、「不動産買取」による売却が増加傾向にあります。
不動産売却で失敗しないためにも、「不動産買取」と「仲介による不動産売却」の違いについて、理解することからスタートしましょう。

「不動産買取」とは

「不動産買取」とは、不動産会社に直接、物件を買い取ってもらう売却方法です。
一般的な不動産仲介では、買主探しから売却完了までに数カ月程度の時間が必要となるため、現金化を急いでいる方のニーズを満たすことはできませんでした。
しかし、不動産買取なら買主を探す手間がなく、数日から数週間程度で決済完了となることから、早期売却を実現したい方にとって、最適な売却方法となります。
不動産会社が直接買い取ることで、周囲に知られることなく売却できる点も大きなメリットと考えられます。

「不動産買取」のメリット・デメリット

それでは、次に近年増加傾向にある「不動産買取」のメリット・デメリットを見ていきましょう。具体的には以下のようなメリットが挙げられます。

「不動産買取」のメリット

早期売却が可能
「仲介による不動産売却」と比較した際の、「不動産買取」のメリットは、早期売却を実現できるということ尽きるのではないでしょうか。
数日から数週間程度で決済完了となる「不動産買取」は、現金化を急ぐ方にとって最適な売却方法となります。

周囲に知られることなく売却が可能
不動産の売却理由は人それぞれで、誰にも知られることなく売却したいと考える方も少なくありません。
「不動産買取」では不動産会社に直接売却することになるため、広告宣伝は一切は不要。周囲の方に知られることなく売却することができます。

資金計画・買い替えスケジュールが立てやすい
「不動産買取」の場合、買い取ってくれる不動産会社が決まれば、すぐに現金化することができるので、資金計画や買い替えスケジュールを立てやすくなります。
マイホームの買い替えで、「仲介による不動産売却」が上手く進まず、途中で「不動産買取」に切り替えるというケースもよくあるようです。

瑕疵担保責任が免除
不動産会社に直接売却する「不動産買取」の場合、瑕疵担保責任は一般的に免除されることになります。
売却後に、何らかの隠れた欠陥が見つかったとしても、修復等の責任負う必要がないため、安心して売却することができます。

仲介手数料が不要
「不動産買取」では、不動産会社に直接売却するため、仲介手数料の支払いが不要です。
「仲介による不動産売却」と「不動産買取」で悩む場合は、仲介手数料を差し引いた金額で比較することが大切です。

「不動産買取」のデメリット

買取査定額は「仲介による不動産売却」の査定額より低い
数多くのメリットがある「「不動産買取」ですが、「仲介による不動産売却」に勝てない点が一つだけあります。
それは、「仲介による不動産売却」の査定額よりも、「不動産買取」の査定額が低くなるということです。
一般的に、買取査定額は仲介査定額の70%~80%程度と考えられており、不動産買取会社の再販能力によって大きく左右されます。

「仲介による不動産売却」とは

「仲介による不動産売却」とは、不動産会社に依頼して買主を探してもらうという、従来からある一般的な売却方法です。
売却依頼を受けた不動産会社は、不動産業者間データベース「不動産流通機構REINS」に物件を登録するとともに、折り込みチラシ、ポスティング、不動産ポータルサイト、自社ホームページなどに物件を掲載して広く買主を探すことになります。
物件を売ることを周囲の方に知られたくない場合は、不動産会社側で様々な配慮を行いますが、買主を探すためにはある程度の広告露出を避けることはできません。
広告露出を最大化して、高値売却を目指す方に適した売却方法ということができます。

「仲介による不動産売却」のメリット・デメリット

それでは、一般的な売却方法である「仲介による不動産売却」のメリット・デメリットから見ていきましょう。具体的には以下のようなメリットが挙げられます。

「仲介による不動産売却」のメリット

高値売却のチャンスがある。
仲介査定額は、現在の市況を考慮して、通常、3カ月以内に買い手が見つかるであろうと思われる相場価格を示すものです。
あくまでも売り出し価格を決めるための参考資料であって、仲介査定額での成約を約束するものではありません。
仲介査定額よりも高い金額で売り出しても、状況次第では買い手が見つかる場合もありますので、時間に余裕があれば、高値売却のチャンスを狙うこともできます。

「仲介による不動産売却」のデメリット

売却時期、売却金額をコントロールできない。
「仲介による不動産売却」の場合、仲介査定額通りに売り出したとしても、買い手が見つかるとは限りません。
買い手が見つからなければ、値下げしながら売却活動を続けることになりますが、売却活動が長期化し、売れ残り物件と認識されれば、更なる価格交渉を要求される場合も少なくありません。
売却時期、売却金額をある程度コントロールできるのは、比較的人気のある物件に限られると考えた方がいいでしょう。

「不動産買取」と「仲介による不動産売却」の違いに関するまとめ

「不動産買取」と「仲介による不動産売却」の違いに関するまとめ

「不動産買取」と「仲介による不動産売却」には、それぞれメリット・デメリットがあり、どちらが得かという点については、一概に断定できるものではありません。
比較的人気のある物件で、時間に余裕のある場合は「仲介による不動産売却」を選択し、人気のない物件や売り急いでいる場合は「不動産買取」を検討するというのが、一般的な考え方ではないでしょうか。
物件によっては、「不動産買取」の方がメリットが大きい場合もありますので、仲介査定額だけでなく、買取査定額も比較して、売却手法を検討することをお勧めいたします。

投稿者プロフィール

服部 里佳子
服部 里佳子
株式会社リファインド
宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー
本音で、親身に、お客様の目線に立ってお部屋探しをお手伝い致します! 各種ご相談・ご質問だけでも まずは服部にお気軽にご相談下さい。

株式会社リファインド ホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする