物件の購入申込みをする前に知っておきたい、後悔しない住宅ローン審査

住宅購入を検討されているみなさん、たくさんの物件を見学したり、ネットで情報を探したり……  一生に数回の大きなお買い物ですから とても慎重に検討をされているかと思います。

ですが、住宅ローンに関してはどうでしょうか。

「住宅ローンの事は 購入する物件が決まってから検討すればいい」なんて考えていると、思わぬところで損をしてしまうかもしれません。住宅ローンを借りる準備は 早いほどメリットが大きいのです。

一体どのようなケースがあるのか、以下で確認していきましょう。

住宅ローン審査に通過していないと物件の購入申込みができないケース

物件を見学して、いざ 購入したい物件が決まったら「買付証明書」に署名をして 売主へ購入申し込みを行います。ほかに先手の購入希望者がいなければ、晴れて物件申込みは受理されて 自分が一番手の申込者になれるはず…と思いきや、実は買付証明書を提出しても 売主側に申込みを受理してもらえないケースがあります。

申込み時には、売主へ 明確な購入資金計画を説明しなければならない

申込み時には「審査承認通知書」の提出が必要なことがある

物件の購入申込みを行う際には、売主へ 明確なエビデンスとともに購入資金計画を説明する義務があります。売主側も、本当に購入できる人なのかどうかが 分からないまま 申し込みを受けることはできないため、住宅ローンの借入金で物件の購入を予定する人は「必ず審査に通過できると見込めるエビデンス」や「金融機関からの審査承認通知書」の添付を求められるケースが多くあります。

また、審査に通過できると見込めるエビデンスに関しても、それだけでは審査の通過を確約するものではないため、金融機関からの審査承認通知書 の提出ができなければ 申込みを受けてもらえないことがあります。このような場合には 急いで融資の事前審査を行わなければなりません。

事前審査は準備にも審査にも時間がかかる

あらかじめ金融機関に相談をしていれば、すぐに事前審査の申込み準備ができますが、もしまったく準備をしていなかった場合には まず 審査を申し込む金融機関の検討からはじめることになります。事前審査を行うには 源泉徴収票などの必要書類を準備しなければならないため、申込みまでにも時間がかかることがあります。

購入希望者が重なった場合は、融資審査の承認を得ている人が優先される

審査には数日を要するため、その間に他の購入希望者が現れて申し込みをすると、先に受理されてしまい 希望物件が購入できなくなる場合があります。また、もし同時期に購入希望者が重なってしまうと、先に融資審査の承認を得た人(もしくはすでに審査承認を得ている人、融資を利用せずに現金で物件を購入する人)が一番手として申込みを受理されることが多くなります。

売買のスケジュールが限られていて、充分なローン商品の検討ができないケース

住宅ローンにはさまざまタイプの商品がある

住宅ローンは、商品タイプや取扱金融機関によって 借入条件が異なる

住宅ローンとひとくちに言っても、金利の種類や返済の方法・審査による借入利率の違いなど…申込みをする金融機関によって 条件は大きく異なってきます。また、借入する人の状況によっても 審査の内容が異なってくるため、事前審査を提出する前に しっかりと自身の状況を把握して 準備をしておくことが得策といえます。

住宅ローン商品の比較は奥が深い

大きな金額を借入する住宅ローンだからこそ、ひとつひとつをじっくりと比較して 自身にとって一番お得なプランで借入をしたいですよね。ところが、いざ購入したい物件が見つかってから 住宅ローンについて検討をする場合、契約から引き渡しまでの期間が限られていると 充分な検討ができないままに ローンを借り入れせざるを得なくなることもあります。

住宅ローンのプランを比較する場合には、金融機関の窓口を訪問したり、試算表を作成して検討するほか、付随する保険商品の特徴や 手数料の違いまでを把握する必要があります。

契約から引き渡しまでの期間は物件ごとに異なりますが、すでに空家の場合には 最短で約三週間で取引が完了することもあります。その間に 万全の準備を行って、すべての金融機関の商品を比較するのは なかなか難しいかもしれません。

あらかじめ事前審査の承認を得ていればメリットが多い

事前に融資審査の承認を取得するメリット

審査の承認を得ていれば、取引は円滑に進む

上記にもあるように まずは希望の物件が見つかった場合、融資審査の承認を得ていれば、すぐに一番手として申込み手続きを行うことができます。また 、価格交渉など条件交渉を行う場合にも、審査の承認があれば 円滑に話し合いを進めることができます。売主側も すぐに契約手続きの準備を行えるため、取引がスムーズに進行します。

あらかじめ融資の承認条件を把握していれば、物件探しも無駄がない

申込みを行う前、物件を探している段階でも 融資審査の承認を得ておけばメリットが多くあります。審査の承認を得ていれば、自身が本当にローンを組めるのか?いくらまでの融資が受けられるのか?ローンを組んだ場合は何%の金利で借入ができるのか?などの疑問がすべて解決された状態でお部屋探しをすることができます。

たとえば、自分がいくらまで借りることができるのかを把握していれば、その金額内の価格の物件に絞って検討ができるので 大変効率的です。また、何%の金利で借入ができるのかを把握していれば、検討する物件の価格から 確定した毎月返済額を試算することができるので、安心して購入を決断できます。

事前に検討しておけば、自分にぴったりの住宅ローンを選ぶことができる

物件探しと並行して 住宅ローンの商品プランも比較しておけば、時間のあるうちに自分にとって最もよいプランを選ぶことができます。もし、金融機関をひとつずつまわって確認するのが大変な場合には、売買仲介を主とする不動産会社の担当者に相談をしてみるのも有効です。この場合には、限られた金融機関しか紹介しない不動産会社ではなく、より多くの金融機関を紹介できる不動産会社に相談するようにしましょう。商品のプランや 審査の詳細について熟知しており、金融業界のトレンド情報が入手できることもあります。

不動産購入を真剣に検討している人は、事前審査にチャレンジしてみよう

金融機関は、住宅ローンを貸付するにあたって「借入する人の個人審査」と「購入する物件の担保審査」の両方を行います。このため 購入する物件が決まっていない場合には、金融機関を訪れても実際の審査までは至らないことが多いのですが、売買仲介を主とする不動産会社に相談すれば、希望にあった物件を紹介しながら 事前審査を先行して金融機関に取り次いでくれることがあります。

先行して「借入する人の個人審査」を行うことで ローンの借り入れ条件が把握できますし、審査が承認となった場合には その結果は半年間有効となりますので、ゆとりを持って物件を検討する事が可能です。また、あらかじめ審査に取り組むことで 万全の準備を期すことができれば、より良い条件やより低い金利での承認が得られるかもしれません。

事前審査を行ったからといって、必ずその金融機関で借入しなければならないといったことはありませんので、複数の金融機関で審査を行い比較することも可能です。ただし 複数の金融機関で審査を行う場合には、個人信用情報に 融資審査の履歴が残ることになりますので、無駄な履歴をつけたり 信用情報を荒らすことのないように、取扱いに熟練しており、かつ信頼できる担当者までお願いするのがよいでしょう。

物件の購入申込みをする前に知っておきたい、後悔しない住宅ローン審査のまとめ

住宅購入と住宅ローン借入は、とても密接に関係しており、切り離して考えることはできません。双方に何か問題が起こったときには 必ず互いに影響を及ぼしますので、時間に余裕のある人は  物件探しと並行して 住宅ローンについても調べること、可能であれば あらかじめ事前審査にチャレンジしてみるのも よいのではないでしょうか。自分のまわりにいる 住宅購入経験者の意見も聞きながら、後悔しない 家さがしを実現したいものです。

投稿者プロフィール

服部 里佳子
服部 里佳子
株式会社リファインド
宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー
本音で、親身に、お客様の目線に立ってお部屋探しをお手伝い致します! 各種ご相談・ご質問だけでも まずは服部にお気軽にご相談下さい。

株式会社リファインド ホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする