買取保証付き不動産売却のメリット・デメリット

不動産を早く売るためには、不動産会社に直接買い取ってもらう不動産買取が便利で確実です。
しかし、不動産買取の査定額は一般の不動産仲介市場で売却するよりも低くなるため、できるだけ高く売りたいと考える方のニーズを満たすことはできませんでした。
そこで考え出されたのが、「買取保証付き不動産売却」という仕組みです。
今回は「買取保証付き不動産売却」のメリット・デメリットについて考えていきましょう。

「買取保証付き不動産売却」とは

「買取保証付き不動産売却」とは、最初に不動産仲介による売却活動を行い、一定期間内に売却できなかった場合には、事前に取り決めた価格で不動産会社が買い取るという仕組みの売却方法です。
当初は、お客様が希望する売り出し価格で売却活動を行うため、そのタイミングで買い手を見つけることができれば、高値で売却することができます。
結果として、不動産仲介による売却が実現できなかったとしても、不動産会社が買い取ってくれるので、売却に失敗するということはありません。

「買取保証付き不動産売却」はベストな売却方法か?

「不動産仲介による売却」と「不動産買取」の良いところを組み合わせた手法が、「買取保証付き不動産売却」だと言われることがあります。
本当にベストな売却方法であれば、もっと普及していても良さそうものですが、「買取保証付き不動産売却」に積極的な不動産会社はそれほど多くありません。
小規模な不動産仲介会社では、最終的に買い取るだけの資金力がないため「買取保証付き不動産売却」をお客様に提案することはできません。
一方、不動産買取を専門に行っている資金力が豊富な不動産会社は、買取再販をメイン事業にしていて、一般的な不動産仲介を行っていない場合が多いのです。
結果として、「買取保証付き不動産売却」はまだまだ普及しているとは言い難く、ベストな売却方法と言い切れる状況にはありません。
他にも下記で指摘するようなデメリットもありますので、注意が必要です。

「買取保証付き不動産売却」のメリット・デメリット

「買取保証付き不動産売却」のメリット

「買取保証付き不動産売却」のメリットは、「高値売却の可能性を追求できる。」「最終的には確実に売却できる。」という点です。
当初は売主様の希望する売出価格で売却活動を行うので、高値で売却できる可能性があります。
不動産の場合、「近くに親が住んでいるから」「この学校区で探している」など特別な事情を抱えた購入希望者が、相場価格より高く買うということは珍しくないのです。
また、高値で売却できなかったとしても、事前に取り決めた価格で買い取ってもらえるため、「不動産が売れなくて買い替えができない。」といった最悪の事態を避けることもでき、安心できる仕組みでもあります。

「買取保証付き不動産売却」のデメリット

一見すると、「買取保証付き不動産売却」はデメリットのない完璧な仕組みのように思えます。売主様にとっては、理想的なスキームだと考える方も多いことでしょう。
しかし、「買取保証付き不動産売却」も、取り扱う不動産会社の売却姿勢によっては、デメリットを抱える場合があるのです。
不動産会社の中には、買取物件を獲得するための戦術として「買取保証付き不動産売却」を利用しているケースがあります。
「不動産仲介による売却」を積極的に行わず、「不動産買取」に誘導するように売却活動を進めていくので、結果的には高値で売却することはできません。
複数の買取査定額を比較して、一番高いところに買い取ってもらう方が、ずっと高く売れる場合もあるのです。

まとめ

高値売却の可能性を追求したい方は、「買取保証付き不動産売却」という言葉に惑わされることなく、「不動産仲介による売却」をきちんと行ってくれるかどうかを冷静に見極めることが大切です。
物件の状況によっては、当初から「不動産買取」で進める方が得策の場合もありますので、売却方針をきちんと説明してくれる信頼できる不動産会社探しが、最も重要かもしれません。

投稿者プロフィール

服部 里佳子
服部 里佳子
株式会社リファインド
宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー
本音で、親身に、お客様の目線に立ってお部屋探しをお手伝い致します! 各種ご相談・ご質問だけでも まずは服部にお気軽にご相談下さい。

株式会社リファインド ホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする